way

  • 2019.05.27 Monday
  • 08:04

ひとつの動き
別の場所
また新しい自分が生まれ出た
傍観者にはなりたくないから
目の前の草をかき分けて進め
地球が凍ろうと燃えようと
ただ呼吸ひとつ
この道あるのみ

ギックリ腰勃発 w

michillchang

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 19:32

五月病にもなんとか罹らずにホッとしたのも束の間、
数日前にはいつの食事が悪かったのだろう?
何年振りかの腹痛に襲われて、
生きていることをまさに実感?。

悪いものが、
豪雨の力も加わったのか全部洗い流されて、
絶妙なタイミングで迎える明日は、
きっと良い日になるに違いないw。
さらに今日は推進力となるような素敵なサポートもあった。
そうすべてはパラドックス!
終わりと思っているものは(すべてに通じる)始まりなのだ。

5/23木
MUGAMICHILL @ 渋谷LOFT HEAVEN


set

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 08:25

セットリストが決まらない。
本当に微妙なところが大切なのだ。
新しい感じを掴みたい、
なぞりたくない気持ち、
インプロ好きなら誰しもあろう、
根気のいる実践。

そんな中でも、
発展していった曲達は、
ずっと記憶に残っていくだろう。
形を変えながらも、
演奏する度に高揚したり、
安心したり。

嗚呼、
今しか起こらない稀有な瞬間よ、
つぎの一音は何処に。


moon

  • 2019.05.11 Saturday
  • 21:10

夕方は
高架の上
見事なまでの夕陽に涙

とっぷり暮れた夜は
三日月の横
高く高く
如何程の音も立てずに
飛行機が残していった影と
もう少しで重なろうか
という距離にかすかな溜息

あゝ
もう少し
ああなればこうなれば
欲望の縮図となった
瞬間という名の
偉大な何かは
巡り巡って
様々な学びを今日も送り届けてくれたのだった

fog

  • 2019.05.10 Friday
  • 19:47

ご縁があって
初めてYUKKOさん、西本毅さん
と御一緒させて頂くことになった今回のプロジェクトは
個人的にはMUGAMICHILL的手法で書き下ろしたマテリアルを
他のお二人がどんな水やりや肥料で
何処まで育てて頂けるのか
そんな期待を持って推し進めて参りました

この「霧の交響」と「MUGAMICHILL」
が上半期の総決算になることは間違いないのです
この機を逃さず
新たなる広がりを携えた響きが生まれる瞬間を目撃されたし
という感じでしょうかね w

「霧の交響」
5/12(日) 19:00〜神保町 楽屋にて

気分がとても盛り上がってきました!

father

  • 2019.05.06 Monday
  • 21:51

県営野球場の外野がまだ芝生だったあの頃、
父が連れて行ってくれた年に一度のプロ野球。
外野にボールが飛んで来たのは一度だけで、
あと覚えているのは親父の白Tシャツの後ろ姿。
暑い夏の日だった。

ひんやりとした五月雨は、
季節外れの記憶を呼び戻しては、
ただそれをポツリと脇に置き去りにして、
歌うような風と一緒に、
あっという間に緑の影に隠れ去る。
だからどうしたの、
と問う間も無く。

曲がまた出来たけれど、
そんな模様が心に現れては消え去って。
父の誕生日は、
そうか5月だったよ。

queen

  • 2019.05.02 Thursday
  • 23:59

初めてのロック体験はクイーンのドーナツ盤、
実はカーペンターズも好きだったけれど。
ロックというならクイーン、キッス。

BSで放映されたクイーンの特集番組を少しづつ見ている、
一気に見たらもったいない気がして。。笑

ブライアンがTVのカラオケだけれどレスポール弾いていたり、
フレディのナイーヴさや、
あ、「オペラ座…」の一曲目のライヴ映像なんかは、
たぶん初めて見るなぁ、当時小6か。

懐かしくもあり、切なくもある。
あの頃の時間から今の場所へ。
…思えば遠くへ来たものだ。
アテンションプリーズ!
ノスタルジー禁止条項に違反します。

まだ鼓膜が振動している w。
ギターアンプの壁は強烈だった、想像以上に。
灰野敬二さんのエナジーの源泉っていったいぜんたい?

dream

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 22:25

蒙古斑、ensui、 ヤカンヅルが終わって、
ホッとする間も無く、
不失者がやってくる。
飽くなき闘争心と向上心があれば、
音楽の壁なんて全く問題ないのさ。

最近見た夢で強烈なのが二つ。
古い車に放火して大惨事になった夢と、
ベースのネックが真っ二つに折れたなんとも不吉なそれ。

最初のは予知夢的な感じで、
未明に見た映画に火事のシーンがあって、
景色が同じだったので妙に納得したけれど、次のはね…。

一連の夢が何かを暗示しているのだとしたら、
それは一言、
「変化を恐れない」
に尽きると思う。

失うものなんて何もないし、
過渡期にはいつにも増して、
ワクワクしていたいのさ。
強い風はじっとやり過ごすのに限るのだから。

weight

  • 2019.04.27 Saturday
  • 18:45

ふわふわとした気持ちが
ゆっくり上方に流れていくと
港町の景色は生クリームの如き
滑らかに溶け合って

視界に入る全てが
金いろの雨に彩られると
胸元から放たれる低音の量感は
いつにも増して輝きを深めて

吸ったり
吐いたり

それに合わせて希望の残り香が
季節はずれの寒空に放物線を描いて
でも落下速度はあまりに遅いので
歪みのつまみを回すことも
忘れそうです

white

  • 2019.04.24 Wednesday
  • 08:56

白と黒の狭間で揺れている。
その間にはたくさんの花の色があるというのに。
そのうちに心の中も見分けがつかなくなって、
投げやりな気持ちになったり、
突然に飛び立つような気配を感じたり、
さしてやる事もない時間なら、
昔の歌を聴いては、
辿った道など振り返っても、
普段どおりに、
私の体内をゆったり巡るカフェインは静かな目覚めを促すのだ。

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM