sonia

  • 2016.08.25 Thursday
  • 21:21

 

ソニアリキエルが逝った。

いろいろな縁もあり、たびたび音楽以外の表現方法からインスパイアされることも多かった。

ファッションのあり方は音楽ほど個性が出にくいことを考えると、

彼女の功績もまた偉大なる歴史を刻んだことは間違いない。

そしてきっと死ぬ間際までアーティストだったに違いない。

おお、名前がその価値を強力に示すとはなんと美しいことだろう。

 

そしてニュースは

イタリアで地震によって多くの人々の命が失われたと報じている。

 

死とは何か。

 

それは門だ、とある映画は言っていた。

どんな形であってもそこにたどり着いたなら

そこをくぐる前に私は振り返って

きっと。。

 

 

 

 

thunder

  • 2016.08.15 Monday
  • 13:10

長良川を渡る頃には
まだ遠くに見えていた黒雲に
ほんの数秒で到達したかと思ったら
いきなりの雨粒が窓にサラサラと流れ始めた。
大好きな伊吹山も今日は下の方まで灰色の御簾の内側である。

お盆の帰省ラッシュと重なるように、
この夏のスケジュールはピークを迎えている。
準備不足でひやひやのサポートライヴをなんとか乗り切って、
それに比べたらバンドはまるでエアコンの効いた自分の部屋にいるように快適だ。

切羽詰まった時の集中ぶりが、
今回も不思議な力に助けられて見事に発揮されたと信じたい。
演奏はやればやるほど力になっていくことを実感している。

まだまだ先には何かがありそうだ。

京都か。。

gre etings

  • 2016.08.05 Friday
  • 21:29

 

大東京

あるいは仁王像のような熱気に顔を覆われ

夏は佳境へ。

 

日々是修行也

の心境で新境地へ。

この夏ナスノは結構燃えています、

あまり伝わってないと思うけど。。

8月のライヴは全部オススメ。

 

ひとしきりライヴを乗り切れば

9月はまたヨーロッパへ修行に旅立つ予定。

少しは風が涼しいと良いな。

 

みなさま体調にはくれぐれも気をつけて。

そしていつも応援ありがとう!。

 

 

 

 

 

vo ice

  • 2016.07.19 Tuesday
  • 13:00

なかなかどうして
声を表現に使うってことは
それ自体がある種の癒やしになるようだ。

楽器演奏よりも
あきらかな身体の表現と認められる。

人の声はそれはもう絶対的に
唯一ひとつのもの。

何はなくとも
私はここにいる、
その証拠を見つけるのには
なんと容易いことだろう。

声を使うってことは
なかなかどうして
それは宇宙そのものなんだ。




material

  • 2016.07.15 Friday
  • 13:11

ぞろぞろと白い雲を引き連れるように
電車は西へと向かっている。

雷雨を逃れたからなのか、
あるいは予定のノルマがなんとか達成されたからか、
なにやら安堵の心持ちで
新しい旅を迎える。

人の期待に応えるというのは大変だ。
ついつい自分に無理を課す。
愚直さもほどほどにしながら、
自分が真に望むことだけに耳を傾けてみよう。
さすれば
自ずと新たな道は開かれる。

この夏は詰め合わせのギフトのように
いろいろありそうだ。

hal f

  • 2016.06.29 Wednesday
  • 18:58

 

明日で本年の半分が終了。。

 

で、個人的には

キャンセルになってしまった1月の大切なライヴを

明日という、この節目の日に取り戻すことができるのは、

大きな喜び、いや安堵と言うべきか。

 

誰の意志かは計りかねるが

もしかすると

これは

元々この節目に行われるべき重要なキャリアであったのかもしれない。

 

おのおのの表現と

お互いに賛同し合う仲間と

それを分かち合えること、共有できること。

その素晴らしさ、有り難さが

なんとも身に染みる。

 

このタイミング、

今でしょう!。

 

 

 

 

 

 

 

hard rai n

  • 2016.06.26 Sunday
  • 21:26


雨影は暗く、
空気は冷ややかで、
時間の進みはますます遅い。

外に出るとあっという間に足元はずぶ濡れである。
雨の日は好きだが、
自然の成り行きとはいえそれにも限度があろう。

たった二日だけの帰省は故郷の山を見れずに帰京することに。
さて猛暑の気配とともに多忙な夏がやって来る。

地球環境の著しい変化が人災として歴史に刻まれないことを切に願う。

明日は横浜でベース三昧、まず喜びが先に。

蹴っ虚宮!は二十代から変わらぬ低音愛か。
 

l ov e

  • 2016.06.16 Thursday
  • 11:11

ある映画の中で語られていた。

人体は
ウィルスが大量に増殖すると
それを排除するために、
体内の温度を上げる。

地球にも同様のことが言える、と。
体内の温度を上げること、
これはつまり温暖化現象と言われているもの。

そしてそのウィルスとは
人間のことなのだ、と。

ウィルス(人類)が絶滅するまで、
体温の上昇(温暖化)は続く。
あるいはウィルスが勝れば母体を乗っ取り、
死(核戦争?)に追いやる。
その後
熱が下がると
永遠の氷河期が訪れるのか。

さて人類と地球の運命は、
その臨界点はとっくに超えてしまったのだろうか?。

そんな切実な気持ちを
音に変換しなければ、
そう
手遅れになる前にね。


 

blue e

  • 2016.06.08 Wednesday
  • 19:49

今日の夕方はとてつもなく青かったな。
現実の世界のこんなにも素晴らしい色彩を見つけるなんて、
今まで何故気付かなかったのかな。

それからゆっくりと暗闇が回転しながらやってくる。

ますます音楽が開かれていくのは
果たしてこのような感じだろう。
 

into

  • 2016.06.06 Monday
  • 22:32

梅雨の到来だ。
たれ込める雲の一番濃いグレーの部分は、
まるでもの言いたげにじっとこちらを見つめている。

今日は合間に
バーバラストライザンドの
(歌最高で)
ジョンレノンカヴァーを聴いてみた。
(マザー?!)
好き嫌いはあるとしても、
(これは私は好き)
歌が良のでアレンジが耳に入らない。
と、これが良いアレンジのお手本か。。

あとは
ソダーバーグ版の「ソラリス」を見て
(これも好き、もちろん原作も)
「12モンキーズ」も見る。
(醸し出される雰囲気が素晴らしく)

今日はスポンジのように
吸収する日らしい。





 
Check

selected entries

categories

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM