eternity

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 21:41

芸能ニュースなんてほとんど見ないのに。

たまたま開くと、 クランベリーズのドロレスが亡くなったと、
絶句。。

あれは、
1996年だったか。
私にとってもバンドにとっても初めての海外ツアーで、
大友良英さんとアルタードステイツが東欧エストニアでのコンサートに出演した時のことだ。
何日か予備日があって、
言葉の全く違う極寒の街をぶらつく以外はホテルで過ごす日々、
東欧の数少ないチャンネルの中にMTVがあって、
短いサイクルで延々と
何組かのアーティストが映し出されていた、
記憶に残っていたのが、
まだ過激な時代のレディオヘッドと、
クランベリーズのLingerという曲だった。

伸びやかな歌声と、
哀しげな独特のこぶしは、
はるかな異国での心細さも相まって、
それからしばらく私の心に密かに深く刻まれることになった。

そうか、
あれから20年以上も経ったのか。
遠くを見つめて歌う若かりしドロレスの声は、
まるで籠から解き放たれた小鳥のさえずりのように美しかった。

私が今もずうっと求めているそれを、
あの時、画面の中の彼女は既に手にしていたのだ。

あゝなんと生の不条理さよ。

まるで新雪の上を歩き続ける、
愚直さゆえに輝く人々に、
どうか光を。


new year

  • 2018.01.06 Saturday
  • 15:05

 

年末年始は思いのほか忙しかったので

今ようやくお茶の一杯もゆったり飲める時間があるようだ。

 

今年はなんだかいろいろな新しい展開が開けていきそうだ。

そう新しい土地を耕す、開拓民のように。

スムーズにいろいろな出来事に対処していけるよう、

心身ともに健全で、

心穏やかな状態を保てるように鍛錬していきたい。

一事が万事、

豊かな人間なればこそ豊かな音楽が見出せるに違いない。

逆もまた然り。

ようやく生きるってことを掴みかけてきた。

大きな人間を目指します。

大音楽、

快音楽、

愛音楽、

(今までに)無い音楽、

そうMy音楽。

 

 

 

n ex t

  • 2017.12.03 Sunday
  • 09:16

 

ゆっくりと回転が始まって、

気がつけば大きな周回はそろそろ0に戻ろうとしている。

新しくいろいろなことを始めるには、

ちょうど良いタイミングなのかもしれない。

 

ペースを緩めて

少し休息が必要なプロジェクトがあることにも

気がついている。

 

ただ紛れもなく前進は続いているのだ。

 

それからエレクトリックベースへの思いと、

極め道だけは

揺るぎのない私の唯一の遺産。

 

その土台がある限り、

大船に乗っていましょう。

 

聴く人の人生を潤おすような

そんな音がいつも現せたなら、

きっと何もいらないに違いない。

 

近くの紅葉が今年はやけに眩しく美しいね。

アバークロンビーと重なります。

 

 

 

 

 

 

flowers

  • 2017.10.28 Saturday
  • 12:12

 

自分の「花」をずっと前から探してきた。

それは時に現れるある感情によってほとんどの色や形が支配されている。

 

むかし住んでいた東北の田舎町の私が育った辺りは、

鬱蒼とした森、木立を流れる小川や田畑を見下ろすなだらかな丘などが広がって、

あるいは近くの専売公社の工場のタバコの葉の匂いや、

風に揺れる名も知らない大木の並木や、

木造とレンガで建てられた古い診療所、

牛乳の配膳小屋などが立ち並んでいるのどかな空気に年中囲まれた場所であった。

 

そんなただの景色が、

突然記憶の淵に呼び戻された時、

私はその眼球の奥に潜む、

ささやかな音の響きの色合いを時々に綴ってきた。

自分の秘密として生まれた柔らかでほのかに憂鬱な感じのする香りを放つその「花」を、

多くの人々と共有したい欲求が何故か私を覆っているのだ。

 

このノスタルジアは誰でもが心の奥底に垣間見える感情に違いない。

こんな時代に、

私(あるいは私たち)はそれをただ確かめたくて仕方がないのだ。

 

11/4(土)

teneleven Basic @ 公園通りクラシックス

にて執り行います。

この「響きの花」をあなたと共に。

 

 

 

 

 

 

dramatic rain

  • 2017.10.23 Monday
  • 00:52

 

街灯がいつもより光って見える。

降りしきる雨があまりにも激しいから。

嵐は私の体を突き抜けて、

まるで心だけ取り出してしまいそうだ。

 

この機に乗じて、

何もかも綺麗さっぱりと雨に流してしまいたい、

そんな刹那がふっとよぎる。

 

こんな自然の趣は、

きっと何かの転機のサインに違いない、

そう、新しい自分の始まりの。

 

明日の響きは

もうここに在る。

 

 

 

planet

  • 2017.10.12 Thursday
  • 11:02

 

物理学、その量子力学がとんでもなく素晴らしい、らしい。

何しろ物事の有り様はパラレルに幾層にも分かれており、

ある世界を現実として選択できるのは、

それを作り出している当人の思い一つ次第だというのだから驚きである。

 

だとして

一足飛びの楽で溢れるほどの裕福さの選択ではなく、

一歩づつの歩みの人生を選択している、

この現実と仲良く付き合っている自分が妙に愛おしいと感じたりするのは、

一夜の音楽にこれまでの人生を感じて、

一度きりの音楽を、

一音づつ噛み締めながら奏でられた結果に、

とても暖かくなれたから。

 

挑戦、

それが出来る環境の中に生かされている日本人の自分が、

いかに恵まれた場所にいるのかを思う時、

全身で深い呼吸をせずにはいられない。

この国の未来がどこへ向かおうとも、

この青空は永遠である。

 

そう私が選択する限りにおいては。

 

 

 

 

 

 

fin d

  • 2017.08.21 Monday
  • 13:37

どこまでも続く北陸の稲穗は、
遥か彼方に
つきあげられた拳のような入道雲を背負いつつ、
ようやくもたらされた実りを喜々とした重みで満たしながら、
晩夏の暑い空気に揺らいでいる。
そのうちに雲の隙間はだんだん薄れて、
湿ったガーゼのように空に張り付くのだらう。

またひとつ音の波が、
あの川面をゆらりと通り過ぎていった。
それがどんなシェイプで、
どんな香りを放ったとしても、
咲いてしまった花は、
更にひたすらにどこまでも陽のありかを求め続けるに違いない。

ああ、
表現とはあまりに深く、
あまりに儚い、
瞬きのごとき実存、あるいは幻か。

heavy

  • 2017.08.17 Thursday
  • 23:33


もし母が死んだなら、
きっと泣くんだろう。
ずっと離れていたから、
ひとつの道を刻み続けていても、
理解されるなんて遠い希望?。
そう、失望?。
はるか遠くに峰々は続き、
私は今日も奏でるのだ、
でもそれしか無いなんて、
道端の草花は一体どうなる?。

映画でも登場したあのバンドに、
出戻り、復帰する気配。
以前は軽かったように感じるから、
どっしり構えて、
自身の所在を確かめよう。

漆黒が呼んでいる。

snowtree s

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 17:40


極寒とまではいかないけれど北国育ち。
だが樹氷なんて見たこともない。
一生に一度しか見れなかったなら、
それはダイヤモンドにも勝るに違いない。

価値観なんてそれぞれなのに、
資本主義の弊害か、
私達は比較のそれを墓場まで持って行く。

窓際の緑が枯れるまでもがき続けても、
誰からの賛美が無くても、
止めることが出来ない何かがあれば、
救われると信じているのさ。

今日も彼方へ時間が過ぎ行く。
大丈夫、
嵐の向こうに光はまだ失われずにいる。

 

 

 

 

constellation

  • 2017.07.16 Sunday
  • 02:09

昔、
家はとてつもない田舎にあったのですが、
そこで見た夏の満天の星空と、
真冬のしんしんと降りしきる雪の静けさは、
今でも私の脳裏に焼き付いて、
ことあるごとに都会暮らしの今に、
そう、疲れた時には、
あの景色をまぶたの奥で呼び起こすだけで、
時間は急に緩やかになって、
私と私の体は、
フワリと空にたなびく吹き流しのように、
甘い香りを撒き散らしながら、
辺りで、
はためいているのです。

朝刊が配達されている時間になってしまっては、
夜の神秘は半減するが、
夜明け前の暗闇の
何やら朝日を迎え入れているかのような、
そんな雰囲気は大好きだ。

最近ようやく
また書ける気持ちになってきた。
ゆっくり行けば、
そこで咲けば、
それでいいよね。

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM