a train

  • 2016.09.04 Sunday
  • 11:04

陸路で福井へ

日本一好きな山、まだまだ濃緑の伊吹山を左手に、
黄金色に色づき始めた田畑を右手に見ながら、
車窓は広々とした空を群青色に反射させている。

なんとも心地良い。

この列車の速度からは、
まるで体内の汚れた血液を流し去り、
新たな活力を与えてくれるかのようなイメージが湧き出て来るのだ。

さて、
台風の被害が龍泉洞に及んだという。
自然災害は我々の推測を遥かに超えて、
懐ろにナイフを突き立てる。
本当に明日は誰にもわからない。
今日を死ぬ日と心得よ、
の心境で明日の真実の音を紡いでいくべき。

災害に遭われた全ての方々が、
一刻も早く穏やかな状態を取り戻すことを願っています。
コメント
弦の調べだけでなく、
姫君の言葉(声)でこころもちを表すことを、
試みても良いのかもしれません。
すでにお試しなら申し訳なし
  • さくらい
  • 2016/09/05 5:26 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM