source

  • 2017.03.10 Friday
  • 23:32

多くの悲しみや
永遠の命題が突きつけられた時は、
誰かのために何が出来るか(音楽)を考える。
と、
不思議と悩みや苦悩は消えて行く。
自分はこんなにも小さい存在だけれど、
同時に大きなもの、
そのものなんだ、
なんて思える。

気仙沼の街に忽然と打ち上げられた貨物船は、
あまりにも巨大だった。。

そう、それを見たことをずっと忘れていた。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM