eternity

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 21:41

芸能ニュースなんてほとんど見ないのに。

たまたま開くと、 クランベリーズのドロレスが亡くなったと、
絶句。。

あれは、
1996年だったか。
私にとってもバンドにとっても初めての海外ツアーで、
大友良英さんとアルタードステイツが東欧エストニアでのコンサートに出演した時のことだ。
何日か予備日があって、
言葉の全く違う極寒の街をぶらつく以外はホテルで過ごす日々、
東欧の数少ないチャンネルの中にMTVがあって、
短いサイクルで延々と
何組かのアーティストが映し出されていた、
記憶に残っていたのが、
まだ過激な時代のレディオヘッドと、
クランベリーズのLingerという曲だった。

伸びやかな歌声と、
哀しげな独特のこぶしは、
はるかな異国での心細さも相まって、
それからしばらく私の心に密かに深く刻まれることになった。

そうか、
あれから20年以上も経ったのか。
遠くを見つめて歌う若かりしドロレスの声は、
まるで籠から解き放たれた小鳥のさえずりのように美しかった。

私が今もずうっと求めているそれを、
あの時、画面の中の彼女は既に手にしていたのだ。

あゝなんと生の不条理さよ。

まるで新雪の上を歩き続ける、
愚直さゆえに輝く人々に、
どうか光を。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM