friend

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 12:40

旧友に会った。
豊かなチェロの残響のように、
あるいはモクレンの滲む白さのように、
心地良いあたたかな光が私をずうっと包んでいる。

何のために生きているのか問うてみるに、
長く続く修行の道もある瞬間において気づきが訪れ、
あるいは花々が散りゆくごとくに儚い夢か。

あゝ心の重石全ては突然に許される。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM