o b o n

  • 2018.08.11 Saturday
  • 12:17

そろそろお盆。

死んだ人たちが子孫に会いに来るなんて、
そんなことがどうして分かるのか不思議だが、
昔からずっと伝わっている、
今の時期には欠かせない行事なのだから、
それはきっとほんとうのことに相違ないのだ。

今年の夏は久しぶりに、
自分のことが自分の間合いで出来ているから、
心にも何がしかのゆとりのような感情も生まれて、
突然の雨のように、
この目には見えない気配の世界が私自身に降り注いでいるようだ。
そんなわけで皆が口にしているような、
夏の暑さでさえさほどは苦にならない。

もし死んだ父親も戻って来ているのなら、
私はいま何を伝えるのだろう。

蝉時雨が目にしみる。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM