mt

  • 2018.12.17 Monday
  • 13:46

今日も大好きな伊吹山は神聖な雰囲気に包まれて頂に雲を纏っている。

この景色をいままで何度眺めてきただろう、
この山が見えたということはそろそろ京都が近いのだ。
昔住んでいた町は冬の陽光に照らされながら、
優しく霞んでいるはずだ。

自分の中の静寂さの加減か、
車窓からの季節は穏やかそのものだ。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

  • mt (12/17)

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM