red

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 21:39

アカデミー賞の華やかさを横目で見つつ。
映画人としてこの頂点に登りつめることが、
最高の栄誉なことは、
疑う余地がないのでしょうね。
私が大好きなスパイクリーも久しぶりのレッドカーペットなのでは。
もちろんボヘミアンラプソディーは嬉しい限り。

セレブリティーのドレスの影に、
陽の目を見ずに消えて行く何万人の俳優さんたち。
ベストを尽くして納得するまで挑戦できたら、
運を天に任せて、
結果はもうどうでも良くなるのでは。
何より自分自身という最大の壁が、
人生には立ちはだかっているのだから。
人事を尽くして天命を待つ。
本日も一つ一つの所作からやって行きます。

3月初っ端はお久しぶりの天鼓さん。
我々の回りでは大先輩ですね。
いつも新鮮で真摯に取り組む姿勢に、
私も身が引き締まります。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM