valley

  • 2019.08.04 Sunday
  • 16:24

盆地だから当然なのだが
甲府の暑さは別格だ
灼熱の太陽光をまとった熱風に足元まで 覆われては
さすがに日陰でも
この発汗速度にはお手上げ状態で
すかさず近場のカフェに避難する

あんなに混み合っていた都心の朝のターミナルであったが
到着した炎天下の市街地は水を打ったように人影もまばらで
喧騒のない昼間の繁華街は
映画の近未来的都市の様相で
その広がりを持て余しているかように城址が揺らいでいる

夏のウンベルティポも桜座で大団円
この4回公演は尻上がりに自由度が上がって
なかなか良い流れで終われたように思う

この勢いに乗じて 8月何曲かソロを録る予定で
次の展開が待ち遠しい

と帰り道は中央道渋滞30キロ ??
まあノンビリ帰りましょう
いつかは着くよ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM